沿革
基本理念
沿革

保健医療福祉の連携を強化し公平で客観的なサービスを提供、
地域包括ケアの幅広い展開をすることを基本理念とする。

保健部門としての、保健センター、医療部門としての、診療所、福祉部門としての、
地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、デイケア、ホームヘルプデスク、
など、各セクションの集合体から構成されている。

平成10年、日野谷診療所に、保健センター、在宅介護支援センター、デイケア
      ホームヘルプステーションを併設し、包括ケアセンターとして開院。

平成17年、町村合併で那賀町誕生に際し、那賀町内の医療政策を統括する課として
      医療政策課を新設。

平成18年、地域包括支援センターを新設、フィットネスゾーンを新設。

平成20年、保健センターに町内の保健師を一同し、保健業務の集約化を図る。
      メタボリック症候群対策として、青壮年層、勤労者層を対象に、
      イブニングクリニックを開始。

平成21年 診療所の入院病棟を透析病棟に転換、透析センターを開設。

相生包括ケアセンター

相生包括ケアセンター

相生包括ケアセンター
ナースの日記

.

 かきこみ

番目のご訪問
ありがとうございます

ようこそ

おしらせ・更新履歴