相生森林美術館21年度春の企画展
「高知県立美術館所蔵による シャガール版画展」
会期  2009年4月25日(土)〜6月7日(日)

マルク・シャガールは1887年ロシア(現ベラルーシ共和国)のヴィテブスクのユダヤ人の家庭に生まれました。1910年パリに出た後、ロシアへの帰郷を経て再びパリで活動します。戦時中はナチスの迫害を逃れアメリカでの亡命生活を余儀なくされますが、1948年にフランスに帰国し、晩年は南仏ヴァンスに居を定め1985年97才で生涯を閉じました。
シャガールの制作は油彩をはじめグワッシュ、版画、デッサン、壁画、舞台美術、陶器、ステンドグラスなど多岐にわたっていますが、なかでも1922年頃より着手した版画は、彼の重要な表現方法として生涯を通して続けられ、その数は約2000点にものぼり、多くの名作を世に送り出しました。
本展覧会は1200点を越えるシャガールの版画作品を収蔵し、国内屈指のコレクションとして知られる高知県立美術館のご協力のもと、初めて本格的なカラーリトグラフに取り組んだ『アラビアンナイトの四つの物語』からの1点をはじめ、シャガールリトグラフの最高作の一つといわれる挿絵本『サーカス』38点など合計85点の版画作品を展示いたします。
色彩の魔術師・シャガールの版画世界をどうぞご覧ください。

主催     相生森林美術館
後援     徳島新聞社 四国放送株式会社 NHK徳島放送局
協力       高知県立美術館
会場       相生森林美術館 徳島県那賀郡那賀町横石字大板34
展示内容  高知県立美術館所蔵のマルク・シャガール版画作品 85点
入館料        一般500円、小中学生200円(小中学生は土・日・祝日無料)
休館日    4月27日(月)、5月7日(木)、5月11日(月)、5月18日(月)、 
         5月25日(月)、6月1日(月)
開館時間   午前9時30分〜午後4時30分


関連事業    シャガール版画展ギャラリートーク
            4月26日(日)午後2時〜3時 
            講師 高知県立美術館 学芸員 奥野克仁氏

          ミュージアムコンサート「シャガールへのオマージュ」
           5月10日(日)午後2時開演
           出演:板東久美氏(フルート)、釘宮貴子氏(ピアノ)

          展示解説 5月24日(日)午後2時〜3時 当館学芸員
         *各行事は所定の入館料が必要です

*会期中常設展示はご覧いただけません。