展覧会のお知らせ

開催中!
 
館蔵品展

「木の彫刻と木版画


        

同時開催!

2019年 10月12日(土)~12月1日(日)  
当美術館収蔵の木の彫刻・木版画を展示します。

那賀町では拝宮地域を中心に、古来より和紙づくりが盛んに行われてきました。最盛期には80人ほどの和紙職人がいたといわれていますが、今日では存亡が危ぶまれています。
中村功は、伝統を受け継ぐ職人として、拝宮の工房で、ひたすら和紙づくりに励んでいます。その仕事は和紙の制作にとどまらず、照明、オブジェなど様々な作品を制作し、国内外に拝宮和紙の魅力を発信し続けています。
本展覧会では、拝宮和紙による立体作品、平面作品などを展示紹介します。手漉き和紙の伝統を守りつつ、和紙の可能性を追求し続ける中村の作品の魅力をどうぞご覧下さい。

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料:一般330円


拝宮和紙
  中村功展 ―和紙の可能性―

会 期:20191012日(土)〜121日(日)

会 場:相生森林美術館 企画展示室 1
    ※他の展示室では「館蔵品展」同時開催

主 催:相生森林美術館

開館時間:午前930分〜午後430
休館日:毎週月曜日(祝日・振休の場合は翌日)
入館料:一般(高校生以上)330円、中学生以下無料
     ※館蔵品展「木の彫刻と木版画」もご覧いただけます
     ※1117日(日)は「関西文化の日」により無料になります

過去の企画展はこちら

00

終了しました